間違えた問題を活用しよう

みなさんは、問題集や模試で間違えた問題をどう活用していますか?間違えた問題をそのままにしても、なかなか覚えられないですよね。また同じ問題を解いたときにも同じ箇所で間違えちゃったりして…こんな風に間違えた問題を活用すればどうでしょうか。

①ルーズリーフを半分に折る
②左半分にできれば一行、長くても三行以内で問題を書く
③右半分に左に書いた問題の答えを書く


裏表にこれを書けば完成です。ルーズリーフを表・裏にひっくり返しながらぱっぱっと答えていけば、自分が間違えた問題をお手軽に復習することができます!!電車の中や、授業・試験の前のちょっとあいた時間におすすめです。ちなみに、試験の前でちょっとだけ知識を確認したいんだ!という時には上から下まで時間をかけずにばーっと問題を解いていくと良いと思います。

しかし、時間があるから間違えた知識を定着させたい!という場合には、少しでも間違えたら一番上の問題に戻り、また一番上から解き直すと いう、かなりストイックな方法でこれを活用するのがおすすめです。私は暗記系の科目全てでこれを作りまして、表裏ビッシリ書いたものが10枚ほどありま す。今でも、何度も間違える問題はこうでもしないと覚えられないなーと思っています。せっかく解いた問題をそのままにしておくのはもったいないですね!ぜ ひこういうものを作って、間違えた問題の知識を定着させるようにしてみてください。

◎〇×勉強法

次に私がやっていた勉強法ということで、◎〇×勉強法を紹介したいと思います!私は問題集をまわす回数をなるべく少なくしたいという思いがありました。そこで、予備校の先生に質問をすると、この方法を教えていただきました。では、◎〇×勉強法のやり方について説明します!

は、初見ですぐに解けた問題(選択肢の正解・不正解が明確に分かる)につけます。
は、なんとなく解けた問題(答えがあっていたものの、なぜ間違いかはっきりと分からない選択肢があった問題)につけます。
×は、間違えた問題につけます。

といった具合に、1周目である程度解ける問題と解けない問題を区別しておきます!そして、2周目は×のみ解いていき、になるまで解き続けます!!こうすると、分かる問題を飛ばせるので、復習にかける時間を少なくし、ほかの科目の勉強に時間を割けると思います。