民法が苦手な方へ

大学で法学部などに通っている場合、法律系科目に苦手意識はあまりないかもしれませんが、中には、法律系以外の学部の方もいるんじゃないでしょうか?私も大学は経済学部に所属していたので、公務員試験の法律科目は1からのスタートでした。新しいことを勉強できるのは楽しかったので良かったのですが、法律系科目、特に民法に関しては苦労しました。なんてったって民法は、

 

①量が多い!
②抵当権とか債権とか聞きなれない専門用語がたくさん出てくる!
③なんか細かい!


こんな理由から実は私も最初は民法が嫌いでした。

でも皆さん!諦めちゃダメです!捨てちゃダメです!

 

何故なら、、、

①出題数が多い
国家一般職......10題出題(40題選択解答/80題)
国税専門官・・・・・・・8題出題(40題選択解答/54題)
地方上級関東型・・・・・・・6題出題(40題選択解答/50題)


②差をつけられる科目
時間のない受験生や、ちょっと公務員試験受けてみようかな~くらいの軽い気持ちの受験生は、民法の勉強を十分にしないまま試験に挑みます。こういう他の受験生に対して、差をつけられる科目でもあります!

 

つまり、民法で安定して得点できると、合格に近づきます

 

では、以下に民法への苦手意識克服のために5つのアドバイスを記載します。

 

①すぐにできるようにならなくても落ち込まない!

民法は習得に時間がかかる科目だと思います。私も問題集の1周目は全く解けませんでした。あまり理解してる気もしませんでした。2周目も全く解けませんでした。凹みました。できるようになる気がしませんでした。しかし3周目・・・あれ・・・?ちょっと解ける・・・!?ってなりました。いま1周目2周目でできるようにならなくてもあまり落ち込まないでください!3周目くらいで光が見えてきますよ!


②具体例で考えて理解する
民法で難しく感じた点は、問題文の難解な表現です。これは、民法にも行政法にも共通することですが、法学に特有の言葉、表現を用いて問題が出題されるので、その言葉の意味が分かっていないと問題が解けません。そのため、参考書などを使って民法に特有の表現(通謀虚偽表示とか表見代理とか)を覚えてしまう事が最も大切です。そして、その表現を見たときに、「この言葉の意味は何か」というのと「その具体例としてどんなのがあったか」というのがパッと思い浮かぶようにしておくことがとても重要です。


③紙に書いて整理する
例えば、AはBに対して○○の債権を持ち、BはCに・・・など、民法では複雑な人間関係がしばしば登場しますよね。そこで、問題文を見たらすぐに絵を描いてみてください。具体的に言えば、AがBに強迫されて売った土地の売買契約を取り消します。取消後Aが登記を回復する前にBはCに転売する。その後Cが登記した。このような文章があった場合、以下のような図(字がきたなくてすいません笑)を描くことにより見えてくることがあります。

④暗記事項は少ない方を選べ

暗記事項は必要最低限に抑えたいですよね。そこで、○○は対抗できる、○○は対抗できない、などの事例が多く参考書に書いていた場合、いっそのこと数が少ない方だけ暗記しましょう。そうすれば、問題を見て馴染みがない→俺は○○は対抗できるのパターンしか覚えてない!→○○は対抗できないというように考えて問題を解くことができます。例えば、次のような事例に出会ったとします。

 

AがBに土地を売って登記をBにする。そしてBが支払いをしないのでAは契約解除をする。しかしAが登記を回復する前にBがCに転売した。

 

ここで以下のように考えることで、答えを導き出すことが出来ます。

 

俺は登記なしに対抗できるのパターンしか覚えてない!でも、この問題見たことない!→Aは登記なしに対抗できない

 

ね、簡単でしょ笑

 

というように全てのパターンを覚えていなくても、問題を解くことが出来ます。パターンが多くて覚えられない・・・というときに使うことができるテクニックです。

⑤ゴロ合わせを使え

ゴロ合わせは、暗記をする際に非常に重要なテクニックです。例えば、、、

 

例外的に連帯債務者の1人について生じた事由が、他の債務者の債務に影響を与える場合
1.
履行:債務者の1人が契約を履行すると、他の債務者の債務も消滅する
2.
履行の請求:債権者が債務者の1人に請求すると、他の債務者にも請求したことになる
3.
更改:債務者の1人が、新しい債務を成立させて前の債務を消滅させると、他の債務者の
      債務も消滅する
4.
相殺:債務者の1人が相殺すると、他の債務者の債務も消滅する
5.
混同:債務者の1人が債権者を相続するなどにより債務が消滅すると、他の債務者の債務
      も消滅する
6.
時効:債務者の1人について消滅時効が完成すると、その債務者の負担部分について他の
      債務者の債務も消滅する
7.
免除:債務者の1人の債務が免除されると、その債務者の負担部分について他の債務者の
      債務も消滅する

 

これらを暗記するときに、どのようなゴロ合わせを用いればよいのでしょうか。私は以下のように覚えました笑

履行さんは請更するどくても混同

いやはや、下品です・・・。皆さんも自分なりのゴロ合わせを作ってみてはいかがでしょうか。